プロフィール

大高 哲史

Author:大高 哲史
日野市議会議員(日本共産党)。市議として働かせていただけるようになる以前の約10年間は、自動車鈑金職人をめざし修行の日々でした。小さいころから車・自転車・バイクなど機械モノが大好きで、現在はホンダのジャイロとロードバイクを所有。自分が楽しむためだけにギター(レフティー)を続けてますが、暗譜する気が全く無いのが特徴。
よろしければツイッターもご覧ください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動教室に関して教育委員会へ申し入れました

日本共産党日野市議団は10月5日、移動教室に関して教育委員会へ申し入れを行いました。
詳しくは以下の申し入れ文章をご覧ください。

1349401813634.jpg

日野市教育長 2012年10月5日
米田 裕治 様
日本共産党日野市議団
団長 中谷 好幸

小学校6年生移動教室に関する申し入れ

教育委員会は、9月の決算委員会で、2013年度小学校6年生移動教室について、目的地を日光方面とすることを2011年11月の校長会で意志確認し、準備を進めていることを明らかにしました。
 このことについては、日光市が福島原発事故による「汚染状況重点調査地域」の指定を受けたことなどから、保護者の中から不安の声があがっています。党市議団も、2月21日、教育委員会に対して、現地調査の実施、保護者へのていねいな説明とともに、行き先を各学校が自主的に決められるように財政措置を講じることなどを求めました。
 もともと移動教室の目的地や内容は、学校ごとに企画し、教育委員会の承認を得て決定することになっています。その際、保護者の意見や要望などを配慮することは当然のことと思われます。ところが、福島原発事故で事態に大きな変化が生まれているにもかかわらず、1年半も前に、市内全校が一致して同一目的地に決めてしまうシステムが続いています。これでは、保護者の疑問や不安の声を受け止めることができません。
 よって、党市議団は、教育委員会に対して、来年度の小学校6年生移動教室が、児童全員が喜んで参加でき、内容についてもより充実したものとなるように、早急に、以下の対応をとられるよう求めます。

1.移動教室の目的地や内容については、企画段階で保護者の意見や要望を聴く機会をつくるとともに、不安や疑問に応えて、ていねいな説明を行うこと。
2.移動教室の目的地、企画内容については、全校一律ではなく、各学校が自主的に判断、決定ができるように、適切な助言を行うとともに、交通費、宿泊費に対する公費負担など必要な財政措置を講じること。 以上
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。