プロフィール

大高 哲史

Author:大高 哲史
日野市議会議員(日本共産党)。市議として働かせていただけるようになる以前の約10年間は、自動車鈑金職人をめざし修行の日々でした。小さいころから車・自転車・バイクなど機械モノが大好きで、現在はホンダのジャイロとロードバイクを所有。自分が楽しむためだけにギター(レフティー)を続けてますが、暗譜する気が全く無いのが特徴。
よろしければツイッターもご覧ください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開所式後の「ふれあいホール」に追加予算計上!

完成したはずなの「ふれあいホール」にさらなる予算が計上されています。

 日野市の来年度の一般会計予算書の400ページには「市民の森ふれあいホール開設経費 備品購入費」との項目があり、そこには「可動式観覧席ほか 24,400千円」との記載あります。この予算には「ボクシングリング 500万円」も含まれています。

①ふれあいホール2階「引き出し式観覧席」は、コンクリート製の手すりフェンスまで距離があり、最上段に座っても1階体育館のフロア手前側が見ません。しかも手すりフェンスがコンクリート製で視界を遮ります。これでは座って観戦できません。

②総工費「約25億円」の「ふれあいホール」は、2013年度「多摩国体」を見据えて建てられたといっても過言ではありません。その多摩国体では、ふれあいホールを会場に「ボクシング」と「空手」が行われます。

③完成後、国体準備のための補助金3億円がゲットできた。

私が気になる事

・市民には厳しい「予算です」といって、教育費や福祉費中心に、様々な分野にわたって「廃止」「休止」「削減」の切り込み予算を提案しておきながら、ここだけはこんなに予算がついてるのは許せない。
・東京都の補助金がもらえたからって、都民の税金を「無駄遣い」することは許されない。
・設計ミスともいえる2階観覧席の形状のため、追加で移動式観覧席を買うって事?
・2階観覧席目の前には「ハンドロール」のコートが描かれているけど、移動式観覧席でキズだらけになるんじゃないの?
・ふれあいホールで年間何回ボクシングの試合をする想定なのか?ボクシングリングまで買う必要あったの?
・レンタルや試合がある時だけ専門業者に委託するとかで試合出来るんじゃないの?
・なんで初めから建設経費予算の中に入れなかったの?完成後も建設費が膨れ上がる。

完成前も賛成後も批判が絶えない「ふれあいホール」です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://tetusi.blog.fc2.com/tb.php/6-d67a0f18

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。